FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.04.10 佐世保!
木曜から佐世保に来ています。
毎日毎日 泣いてます。

佐世保に帰ってきて、
親 ばあちゃん、親戚 躍り仲間、先生
今回は予定が詰まっていたので連絡はできなかったけど、大切な大切な友達


私は こんなに 素敵な人達に支えられ 育ってきたんだと

自分のルーツをたどる旅のようです。

昨夜の あいたくて いま


躍りを見て泣いたことは 今までも何回もあったけど、
声をあげてヒックヒックいいながら大号泣したのは初めてだった。

さやちゃんと 何で涙が出るんだろう と 何でやろー
はぁ~

深夜2時すぎまで話していました寝たのは4時・・・
感動って ことばがあってるのかどうかもわからん。
悲しいわけでもなくて、
喜怒哀楽は通り越して、
魂 ゆさぶられるって
こういうことなのかなって思いました。

溢れるくらい充電したから、
また がんばるぞー
自分にできることから
スポンサーサイト
宇宙の中に 地球があって 
地球の中に 国があって
国の中に 地域あって
地域の中にも また様々なコミュニティーがあって
その中に ひとり ひとりの人間がいる。 


なんのために 国があるのか 
なんのために 地域にわかれているのか


まとめるのが大変だから 連絡網をまわしやすいように みたいな…
感じだろうかと思うこのごろ。

争うためでもなく 批判するためでもなく
共存していくために スムーズであるように


コミュニティーや集団・チーム・仲間は地域を良くするためであること
地域は 国を良くするため
国は地球の中で生かされているということを
地球は宇宙の胸の中に抱かれているということを



人は誰でも 認められたいと思ってしまうもの。
自分の価値を確認したくなる。
でも日頃から お互いを認め合い それを伝え みなが表現すれば

いつも自分は認められている わかってもらえていると
心が充たされていれば・・・
確認作業はいらなくなるよね。

 
あなたが好き
あなたのここが素晴らしい
素晴らしいから教えてほしい
素敵なことがあるよ 大好きなみんなとわかちあいたい☆
困ってるところがあるよ 私にできることは?

日常の生活の中で みんなが表現すれば
きっと素晴らしい世界になる。


今日はえれ隊さんとの合同練習。
とても素晴らしい時間でした。
心が結ばれていくのを感じました。

自分のために
そして大好きなひとのために
大好きなひとの 大好きなひとのために
そう思うと全てはつながっている。

そして私は お母さんである地球のことを 勉強不足で知らないことだらけ。甘えてばかり。
小さなことから 
ありがとうと感謝の気持ちを送ることから
ごみを拾うことから 
いただく食物 命を 大切にするところから
水を出来るだけ汚さないように
もっともっと いろんなこと
恩返しをしたいです。

いつも川南のスタジオをお借りしてる、ダンスの先生の旦那さんが、昔住んでいた福島のいわき市の方へ今月の中旬行かれます。そのときに物資も届けてくれます。

そこで支援物資のお願いです。
今回は私の方では種類を限定させていただきます。
・食料(保存がきくもの、粉ミルクやレトルト離乳食なども)
・生理用品、おむつ類
出発の関係で、今月16日までに私に会える方(もって来れなくても集めてくださる方、もらいに伺いますので連絡ください!)
ぜひご協力お願いします!

また、お世話になっている 悠先生達の須賀連の皆さんも
千葉の旭市にて全くのボランティアで 避難所4ヶ所で夕食の炊き出しボランティアをされています。
出来ればみなさまの地域でとれた野菜や お米、お味噌などを提供していただけないでしょうか  ということです。

もし協力してくださる方がいらっしゃったら
〒289-2505 千葉県旭市鎌数1273 大松農場内 里の小広場 Lovestar NOVA
TEL (0479)75-4077
  までお願いします☆

先週末は うちのクラブ主催のキッズサッカー大会がありました。
都農町盛り上げ隊の方にお願いして、トマト鍋を出してもらって 売り上げを義援金にまわしていただくことに。

IMG_1688 - コピー
250~300食あったトマト鍋完売!

IMG_1767 - コピー IMG_1779 - コピー

ひとりひとりの力は小さくても、たくさんの方の気持ちと 力が合わさると
こんなに大きいのかと 最近本当によく感じます。

愛弥も まわりの大人達が支援物資を集めている姿や、トマト鍋の仕込みや
IMG_1677 - コピー  IMG_1668 - コピー  IMG_1859 - コピー


いろいろな場所で、

誰かのためにみんなが動いている

そんな姿を こどもながらに 何か感じているようです。

IMG_1710 - コピー

会場のワインナリーには、青空の下 子どもたちが元気に走り回る姿に無邪気な笑顔。大人たちの歓声。

そんな平和な光景が 胸にしみました。
とても尊く思いました。

未来をになう子ども達 大切にしたい。 IMG_0737.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。