FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.04.24 虹色のバトン
高知に行ってもう2週間が経ちました。
人生の恩師
須賀先生をテーマにした公演を見に行かせていただきました。
SUGA. ~Spirits never die~引き継がれた虹色のバトン

ずっと言葉にならなくて
感想を残せずにいました。


先生に出会って 本当に私の人生は変わりました。
言葉では言い表すことが出来ない。

人生を歩む上で
たくさんのギフトを受け取りました。
先生からスピリッツから発せられる
空気
作品
言葉
出逢い

私の本能というか魂というか 共鳴しました 震えました
そして何より 私の心が喜びました。


感謝
喜び
全体をおもうこと
全てはひとつであること
あきらめないこと
思い願いやり続けること
私が感じる「 正 」「 真 」を信じること

私が出来ることを真剣に生きること


そのおかげで、又そこから たくさんの出会いをいただきました。

毎日生きるということは
たくさんの選択の繰り返しです。
その選択をするときに
いつも影響を与えているのは須賀先生からのギフトです。

今から10年以上前
踊り始めた時は
この時間がずっと続けばいいなぁ~と思っていました。
踊りが終わると 現実に引き戻されるような淋しい気持ちになりました。
だけどそこで元気いっぱいもらって、頑張れることがたくさんありました。
そんな日々を繰り返し・・・

10年経った今
変わってることがひとつあるなぁ~と思いました。

踊っている時だけではなくて
この幸せも
気づきも
感謝の心も
全体を思い・願い・動くことも
心真っ白に純粋であれることも

日常にしていこうって 思ってるなぁと。
全然完璧ではなくて、まだまだ挫折したり立ち止まったり悩んだりすること
たくさんあるんだけど
踊っている時の気持ちは 非日常的なものではなく
私の生活に今
確実に影響を与えて 今の私があります。

ステージの上には、そんな同じように先生からバトンを受け取った
ものすごい数のダンサーが魂震える踊りをしていました。

もう意味なんてよくわかんないけど途中嗚咽をもらして泣いてしまいました。

須賀先生が生きた証がそこにあって、
今も数え切れないたくさんの方達の中に、私の中に先生は生きてる。

おかん DAIさんの歌と須賀先生が残したメッセージと 舞台に立つ先生や踊り子さんの思いが
もう、本当にダイレクト、ストレートすぎるくらいの直球でガッツンきました。


悩みがあるたびに幸せです。
幸せなことがあるたびに なおさら幸せです。

須賀先生からの虹色のバトンが
私の人生を彩って背中をおしてくれているから。

須賀先生 本当にありがとうございます。
そして、こんな思いを 経験をくださった
悠先生をはじめ SUGA IZANAIの全ての皆様
本当にありがとうございました!!



スポンサーサイト
2012.05.28 強さ
昨日、今日と東日本の方のお話をきく機会が続いてありました。

昨日は東日本から震災をきっかけに宮崎に来られている方達の「うみがめのたまごの会」の代表さんが参加されていたイベントで踊ったことがご縁で、
今回「うみがめのたまごの会」のこどもたちの進学・進級のお祝いの会に またダンスで呼んでいただきました。

会場に到着すると代表の古田さんが私の顔をみたとたん 泣きはじめ
「ありがとう」って言ってくれた。
その思いに応えられるだけの「私」なのだろうかと・・・ 何とも言えない気持ちになってしまいました。

私が今日できることは 踊ることだけかもしれないけど、
誠心誠意 心をこめて踊りました。
きっと みんなも一緒だったと思います。

真剣に、
みんなや私達の心の中に 消えない希望の灯火があることを ともに確認するような
そんな時間になれたらいいなと 本気で思いました。


「やっぱり来てもらってよかった!」と最後にまた涙を浮かべて 何度も言ってくれた古田さん。


「頑張ってね」と言われると人事のようで寂しくなる、と言われてました。
でも、「大変でしょう~!」と言われると、避難してきていると被災者というよりは、
何か出来ることしてあげたい、何かの役に立ちたい、そう思っているとも話されていました。




そして今日は、半九レインボーさん主催で宮城県サッカー協会会長兼塩竈FC理事長の小幡忠義を招いての
『大震災から1年いま必要なことは(東北からのメッセージ)』という講演会。

3.11の映像を見たときは
一緒に見ていた娘も釘付けに・・・。

家族がいなくなり 残されたこどもたちの話をきくと
娘を横に、いたたまれませんでした。
そして、
「する みる かたる ささえる」それが出来る場所がクラブだと。
そしてそんな場所が 今 必要とされていると言われていました。

そして最後のメッセージに「自然界の調和の中で生きること」と伝えられました。
「調和」
まずは 身近な和を大切にすることから。
家族、仲間・・・



昨日 今日と 東日本からみえた方々から 本当にいろんなことを教えられています。


悲しい体験 辛い現実 答えのなかなか出ない悩み
自分のことだけでも精一杯な状況で
試行錯誤の中、  

誰かの役に立てたら 何かのきっかけになれたらと
前をみて動いている人がいる。

その内に秘めた強いパワーにふれ、私もまたその姿勢に学ばさせていただきました。
自分に出来ることから ひとつづつ やっていきます。

 





2012.04.28 自然と
誰かのためにとか 何かしてあげたいとか
そんなことを思うのは おこがましいことなのかも知れないと思うときがある。

私も みんなも それぞれ 最後は自分の足で 自分で選択して 自分の人生を歩いていく。
どんな道を通るのかは きっとそれぞれ自分の成長に必要な道を歩み 行き着く先は同じなのかもしれない。

まずは足元から
自分の暮らしから
まずは自分の周りのことから 一生懸命できることを
自分の近くの人 出会う人を大切に 心をよせ 耳を傾け
自分のことだけではなく 
全体の一部として 
自分のことを思えるようになれば
狭い視野ではなく 全体のHAPPYをイメージするようになれたら

しようとしなくても 自然と誰かの きっかけになれることもあるのかな。
今夜久しぶりに娘と温泉に行きました。本当に久しぶりにゆっくりとした夜。手がシワシワになるくらいゆっくり湯船に入ったのは いつぶりだろう・・・。

最近 今日お風呂に入ったのかも思い出せないくらい毎日がパンパンでした(^^;)

露天風呂で娘とずっと遊んでて、
「目かくして10数えて」っていうから
私はカクレンボをしているつもりでいたら、何度しても愛弥が隠れないでゲラゲラ笑いながら近づいてくるので何でだろうと思っていたら、鬼ごっこをしていたらしい(笑)
(走らない約束なので たぶん他の人が見ても何してるんだかわからない 変な親子)

何気ない一瞬一瞬に幸せはあって、温かいお風呂に入れたり あったかいお布団で眠れる家があったり 親子で「美味しいね♪」ってごはんを食べられたり 笑い声がきけたり

でもどれも当たり前じゃなく ありがたい 幸せなことだと
なんだか胸に染みました。

明日は久しぶりに ダンスレッスン
生活の一部のようになっていたのに、冬から忙しくてあんまり練習もいけてなくて、
だから毎日のように踊っていたころも もちろん幸せだったけど、
ずっと踊りたいのに踊れなかった今は、
踊れる環境にあることが どれだけ幸せなことなのかも 感じずにはいられませんでした。

いろんな条件がそろって やりたいことができます。

たくさんの選択肢の中で、
皆と出逢い 踊ったり 大好きな人達と今を生きて 生活出来る
奇跡に近いくらい ありがたいこの幸せを胸に
明日は 久しぶりに集中して 踊るぞ========!(><)♪
IMG_2450 - コピー

毎日が 素晴らしくて 美しくて ありがたい 発見の連続。

本当に毎日が感動であふれている。

忘れないように 毎日日記をつけることにしました。(ノートに☆)

そして 嬉しい ありがたいと思ったら 恥ずかしがらず 声に出して 伝えることにしました。


みんな みんな 大好き  ありがとう!
いつも川南のスタジオをお借りしてる、ダンスの先生の旦那さんが、昔住んでいた福島のいわき市の方へ今月の中旬行かれます。そのときに物資も届けてくれます。

そこで支援物資のお願いです。
今回は私の方では種類を限定させていただきます。
・食料(保存がきくもの、粉ミルクやレトルト離乳食なども)
・生理用品、おむつ類
出発の関係で、今月16日までに私に会える方(もって来れなくても集めてくださる方、もらいに伺いますので連絡ください!)
ぜひご協力お願いします!

また、お世話になっている 悠先生達の須賀連の皆さんも
千葉の旭市にて全くのボランティアで 避難所4ヶ所で夕食の炊き出しボランティアをされています。
出来ればみなさまの地域でとれた野菜や お米、お味噌などを提供していただけないでしょうか  ということです。

もし協力してくださる方がいらっしゃったら
〒289-2505 千葉県旭市鎌数1273 大松農場内 里の小広場 Lovestar NOVA
TEL (0479)75-4077
  までお願いします☆

先週末は うちのクラブ主催のキッズサッカー大会がありました。
都農町盛り上げ隊の方にお願いして、トマト鍋を出してもらって 売り上げを義援金にまわしていただくことに。

IMG_1688 - コピー
250~300食あったトマト鍋完売!

IMG_1767 - コピー IMG_1779 - コピー

ひとりひとりの力は小さくても、たくさんの方の気持ちと 力が合わさると
こんなに大きいのかと 最近本当によく感じます。

愛弥も まわりの大人達が支援物資を集めている姿や、トマト鍋の仕込みや
IMG_1677 - コピー  IMG_1668 - コピー  IMG_1859 - コピー


いろいろな場所で、

誰かのためにみんなが動いている

そんな姿を こどもながらに 何か感じているようです。

IMG_1710 - コピー

会場のワインナリーには、青空の下 子どもたちが元気に走り回る姿に無邪気な笑顔。大人たちの歓声。

そんな平和な光景が 胸にしみました。
とても尊く思いました。

未来をになう子ども達 大切にしたい。 IMG_0737.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。